Fiction and Real Life Disasters…

Real life events shaped the making of Schoolgirl Apocalypse and in some ways continue to affect its life-span and reception in the real world as well.

It wasn’t long after we finished filming and were in the process of production that the great earthquake and subsequent tsunami hit Japan. During these events along with the looming threat of a nuclear apocalypse hovering at the edges of the capital city, we continued to struggle to meet our post-production deadlines in order to release the film on schedule for its premier at the Puchon Fantastic Film Festival several short months later. No need to go into how this impacted the efforts at finishing the film in this posting, but suffice it to say that we fell more than three weeks behind schedule due to all the communication issues that followed. On the other hand, especially in one particular scene that happens just at the opening credits, real life events that occurred during the tsunami affected elements of our soundtrack amongst other things.

We heard of the story of a lone Japanese woman, Miki Endo, who was in her mid-twenties who had saved many lives by continuing to make announcements for everyone to flee to higher ground as reports of the tsunami were relayed to her post. With immense bravery, she “womanned” her post until the deluge came and took her life. Many were saved, possibly up to 7000 people, because that young woman bravely stayed behind and continued to announce for everyone to get to higher ground, her voice echoing across area from the local loudspeakers until it was so abruptly cut off when the black wave hit. If you watch Schoolgirl Apocalypse and notice at about fifteen minutes in that there is a woman speaking on a loudspeaker, imploring others to stay inside and await further announcements – the decision to add this to the sound-track was made after hearing about the heroic announcements made by Miki Endo.

Find out more about Miki Endo’s story here.

On a different topic, as the film was released to the Western world at the end of 2012, it just so happened that the two words that were most searched for on-line were “Apocalypse” and also the name of another truly brave, truly amazing Schoolgirl heroine named “Malala Yousafzai”. So the world’s concerns fell upon the threat of an eventual Apocalypse and also a certain brave schoolgirl. You can see more about this zeitgeist here. For this reason many people have happened across the film in a rather indirect manner. Odd how things cross over really.

If you watch the film you’ll find out that it is about a young woman surrounded by the threat of men who’ve been turned into bloodthirsty zombies intent on murdering any woman they see. When the director prepared the actress Higarino during the rehearsals for her role in the film, one of the ways he instructed her was to imagine herself having been in a plane that crashed in an area of the world where women are not tolerated to be visibly wandering outside on threat of a penalty of death. How would a young woman in such a real circumstance even walk or go about doing regular things such as searching for food and so on. Such a fear would be a constant psychological burden for her. We had no idea that a person such as Malala Yousafzai would arise some two years later, standing up to the aggression surrounding her with such a brave heart.

ゾンビ映画ホラーファイル:Trogs!!パート1

モンスターホラー映画(特にCG主導の)を 全く怖がらなかったり、興味を示さない人々もいます。彼らは別にホラー映画が好きじゃないわけではなく、本当に恐ろしい映画とは、彼らが信じられるようなものでなければならないのです。人々が真の恐怖を味わうには、CGアニメーションのモンスターだったり、怪物そのものが邪魔なのです。そういう人達にとっての怖い映画は、サイコキラーのような映画です。超人的な力を持った間抜けなスラッシャーではなく、「羊たちの沈黙」のような我々の世界の真の怪物だと感じられるものに脅威を感じるのです。私もゾンビ映画を見る人の多くが、不信心から自分の快楽を得ているとは思っていません。ゾンビ映画ファンは、これが実際に起こるかどうかを心配することに時間を費やしたりはしません。その代わり、なぜか私は、ゾンビファンは実際にゾンビ黙示録が発生したらクールだと思っているのではないかと思います。違いますか?

SakuraSea 300x200 ゾンビ映画ホラーファイル:Trogs!!パート1

ゾンビ黙示録では、こんな風にビーチで散歩するでしょうか?

私が言いたいのは、ゾンビサバイバルの仮説シナリオは全て、現状にうんざりしている人々が、突然ゾンビサバイバルの世界へ投げ込まれたところを空想したいのでは?ということです。具体的に言えば、(全ての人々が日常的に失望している)世界が、今は彼らと肉体関係を持つようになった一握りのかっこいい女性の生存者以外は、全て破壊されるというような空想を。

ちょっと脱線してしまいましたが、私はもう一度ゾンビ映画のロケ地探しの回想へと戻ります。私のロケ地探しの物語は、1週間ちょっと千葉県を散策し、タイの象、ヤマビル、フナムシについてのものでした。
そして、この実話は、私達が最終的に静岡県の沼津に辿り着いた時に起こった出来事です。まぁ、それはさておき、私達はついにロケ地を沼津にすることに決めました。沼津には本当に素晴らしいフィルムコミッションがあるからです。
彼らは、この映画専用のスタッフをつけてくれ、恰好のロケ地を探すために、多くの時間を費やしてくれたり、手助けをしてくれただけでなく、私が描いたスケッチに基づいて、ビジュアル的に相応しそうな場所を辛抱強く車で連れ回ってくれたのです(しかも無料で!!!)さらに、彼らには、エキストラや製作スタッフを提供してくれるNGOまであるんです。(これも無料で!!!)
実際に熱意を持って出来る限りの方法で手伝ってくれるボランティアの方々です。私の沼津フィルムコミッションに対する思いは、もしあなたが映画を作りたいわけじゃなくても、そこで映画を作るべきだと伝えたいほどです!

ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート3

とにかく、私はようやくこのホラーファイルの要点に辿り着きそうです。今迄の出来事や生物は、私のゾンビ映画「セーラー服黙示録」のプリプロダクションのロケハン中に現れました。
ゾンビ映画に相応しい 「不気味なビーチ」を捜索するために千葉の海岸線を進むうちに、私達はまた怪物の大群を発見してしまったのです。

スクリーンショット(2012 06 14 9.57.19) 300x192 ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート3

多分、あなたは「何でこの男はこんなに虫に執着するんだろう?」とか、「時間の無駄だから、さっさと先に進んで昆虫のホラーでも作ればいいのに。」などとお思いかもしれません。
その答えは、多分私がそれほどまでに昆虫を恐れているか、またはCGアーティストを雇う余裕はないけれど、未来がどうなるかは分からないといったところでしょう。
どちらにしろ、今日の昆虫は、日本で「フナムシ」と呼ばれている虫です。
それらは、大文字で!マークつきで、”FUNAMUSHI!”と呼ばれるべきだと私は思います。あなたが実際にそれを目撃したときに感じるように。
この不気味な虫が這う様子は本当に気持ち悪いのです。特にヤツラは鳥のように群れで行動するので…。
何千ものフナムシが、海側の石を横切って前へ進んでは、立ち止まり、また前へ進んでは、立ち止まる…全て一斉に!どっちに曲がろうがヤツラには関係ない。ヤツラはまるで、人間が最も嫌悪し、恐怖に後ずさりせざるおえなくするためのマインドを共有しているようです。
何でヤツラがこのように進化してきたかは理解ができます。なんせ正気の生物であれば、ヤツラを美味しそうなどとは思わないでしょうから。
これが英語でヤツラのような本当に醜いものを表す最適な名前を見つけるのに苦労した理由です。ある人々は、ヤツラを「海のスレーター」または 「海ジラミ」と呼びますが、私の意見では「岩ゴキブリ」が最も適切な表現だと思います。

しかし、ゴキブリというものは、どんなにヤツラが気持ち悪く、私たちの脳にヤツラを憎むようにプログラミングされていようが、通常のゴキブリは孤独なハンタータイプです。一度に1匹か、せいぜい2匹が一緒にいるとこを見るだけでしょう。(もし、それ以上の数を目にしているというのであれば、くん煙殺虫剤をまくなり、どこか別の家に引っ越すなりした方が良いでしょう。)
一般的な家にいるタイプのゴキブリは、どんなに大きく、ツヤツヤに変異しようが、シンクロナイズドスイミングのような団体競技にはなりません。一方、恐ろしいフナムシは、超高速で走るナチス集会のミニチュア版や、ガチョウの複数の足があらゆる所ステップしているかのように見えます。
もしあなたが科学の力を借りて、ヤツラの気持ち悪さから遠ざかりたいなら、このブログの作者がやるように、無難な名前、Ligia Exotica、陸生等脚類の一種と考えれば良いのです。(それは下劣だ!彼は実際にヤツを素手で掴んだのだから!)。もしくは、このブログ の作者がやるように、ヤツラを擬人化して、胸をつけてみるとか。何でも構いません。

funamushi 150x150 ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート3

funamushi thumbnail2 ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート3

Lost in the Forest

In the top panels you’ll find my original and rather goofy version of the antagonist, Aoi. When Aoi was finally interpreted by the incredibly talented and beautiful Mai Tsujimoto, it went leagues beyond what I had imagined. Hope you can see the film at least for her performance.

In the lower panels, once again you’ll find a scene that was cut from the film but remains in the novel. The Japanese phrase, which can be translated as “NEVER GIVE UP!”, is written lipstick on the front window of an abandoned car next to the corpse of a woman who has hung herself. Read the book to find out how this scene plays out. It was a sequence of the story that was unfortunately excised from the final film due to budget and location restraints. It really would have underscored the intense isolation and paranoia of the schoolgirl Sakura’s plight. Oh well…

SGABoard11 Lost in the Forest
As for this one, in it you’ll find the original Aoi, definitely upstaged by the amazing performance of Mai Tsujimoto. My original concept was taken so many steps further by the wardrobe artist, Serika, as well. The bottom panels are another scene that was cut from the film, this time unfortunately in my opinion.

Letting the Cat out of the Bag

Another lost sequence cut due to budget constraints was a scene where Sakura finds her dead grandmother just prior to losing all hope and maybe her mind as well. In that part, in exchange for a grandmother she gets a cat. Fortunately the scene and its cat didn’t make it into the film or book because they were just red herrings – unnecessary and cheap devices to pluck at heart-strings. Although we broke the “never film with children” rule, we didn’t break the “never film with animals” one for anything other than a very strange looking worm that the prop department came across. If you freeze the worm part and look very closely you’ll find that it is a worm that actually has legs. When the prop department showed me it the first time, it actually gripped my finger with those little slimy legs.

SGABoard8 Letting the Cat out of the Bag
The lost Grandma’s orphaned cat sequence. Never to appear in the film or book due to any lack of narrative function other than a cheap (expensive) device to pluck at chords of empathy.

Even More Naive Storyboard Art!

Yes, even more of these hapless sketches for your viewing pleasure. Someday when Joss Whedon finally realizes the amazing remake potential of Schoolgirl Apocalypse then these beauties might sell for a pretty penny. Until then they’ll have to continue to collect dust in a moldy file folder waiting for their inevitable Sotheby’s auction.

SGABoard13 Even More Naive Storyboard Art!
I know… I never learned perspective so my Mood Boards look like something sketched in the Dark Ages. Not proud of these but this is to clarify that it was this particular image that the actress Mihoko Watanabe, who played the lab technician Okamoto, used as her reference when developing her character.

More Naive Storyboard Art!

This phenomenon falls into the category of “uncanny but true”, but in a very odd manner, the storyboards actually did become reality. Many people remarked how similar the actress that got the part. Higarino, actually looked like Sakura, the character in the storyboards. To her credit, Higarino has an incredible range and I think if you see the film from start to finish it will be quite clear that she is one of those talents who can resemble many different types of people. She is one of those actresses who will probably avoid typecasting and end up in a number of different genres of films, from comedy to horror to drama – at least I hope so.

Another actress who looked nothing like the character in the boards when we chose her was Mihoko Watanabe. I noticed during a rehearsal that she took one look at the sketch of the blind character, Okamoto, (you can find her in the first storyboard posting) and then, miraculously, when we started shooting with her, she somehow brought that image perfectly to life. This process was of course enhanced by the excellent wardrobe and make-up handled by the professional supervisors but at base it was really her acting prowess.

Most surprising of all was the physicality shown by Mai Tsujimoto when playing Aoi. Mai is such a nice person it was nearly inconceivable that she could bring the evil Aoi to life. Now, everyone who meets her after seeing the film can’t believe it is the same sweet person they are witnessing in real life.

SGABoard7 More Naive Storyboard Art!
These were mostly scenes that didn’t make it into the film due to budget constraints. Maybe some viewers would be thankful for that but I think others would be disappointed. Definitely can’t please everyone…

ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート2

私達はこのインディーズのゾンビ映画のプリプロの段階で、1日に東京中のたくさんの場所を探索しました。
千葉の海岸沿いでは、様々な状態の荒廃した寺や神社を、そしておそらくそれら全ての中で最も恐怖を感じたコレの写真をいくつか撮影していました。
私がどんなにコレを好きでも、こんな小さな像を映画の台本に取り入れられるわけがありません。たぶんこれ単体での映画が必要になるでしょう。この写真は、日本不気味大賞(私が勝手に作った大賞)を受賞すべきです。実際の場所は写真よりも更に不気味なんです。

スクリーンショット(2012 06 13 9.10.15) 300x224 ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート2

私はこの神社がどんな目的で建てられたのか興味がありました。何を祈願するために、人々はこの像を訪れたのでしょうか?コレの着ている真珠色のローブの白さから見ても、明らかに誰かがその像を世話をしているようでした。それは、ただ単なる普通のお地蔵様のように旅行者や子どもたちを助けるために祀られたものでしょうか?もしくは、海に面しているので、海の遭難者のためのものなのでしょうか?千葉の人だけが知っているはずです…

スクリーンショット(2012 06 13 9.10.25) 300x225 ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート2

 

私達が最終的に静岡県の沼津市という全く違う場所で映画を製作した時にも、地蔵のシーンはありましたが、それらはこの特別な像とは全く違います。どういうわけか、この像のイメージが今でも私の頭から離れないのです…多分私がずっとこの写真を凝視しているからでしょう。

Didn’t have a Storyboard Artist so…

These were more MOOD BOARDS than STORYBOARDS since there was no storyboard artist.

Making the horror film in Japan was no easy thing, particularly with communication issues causing loads of confusion. Early on in pre-production it was decided that the director should make some images showing the “look and feel” of the film. Although it only marginally helped when shooting action sequences, it had some surprisingly good benefits overall. When working across several cultures and languages, pictures definitely work better than words, even if the pictures aren’t so professional. What you might call “Naive Storyboard Art” done by an untrained hand.

Color did actually turn out helping even though most storyboards don’t waste time with such things.

SGABoard16 Didnt have a Storyboard Artist so...
Some of these images found their way into the film. This one depicted a transition from an action sequence to a more dread filled one. Check out the second TRAILER for corresponding images.

ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート1

私達のゾンビ映画の重要なシーンに、印象的な海岸の眺めが必要でした。(はい、私はまだロケハンについて回想しています。)そのため、ラインプロデューサーと私と妻は、まだ千葉県での撮影を検討していました。それは私が、ここ千葉で、今まで私が見た中で最も気味の悪いビーチをいくつも見つけたためでした。

ちなみに、もし千葉のフィルムコミッションが、もう少し安くて、友好的だったら、私は間違いなく千葉で撮影していたでしょう。千葉の事務所は、千葉の観光局に後付けされたようなものでした。映画のロケハンが訪れた場合は、多分、かわいそうな観光局の人(多分、他にもいろんな担当をさせられている)が、彼の記憶の中から何とか絵になりそうな場所を思い出して、地図の上に丸をつけなければならないのでしょう。

千葉のもう1つの問題は、地元に何の熱意も無かったということです。彼らにとっては、どれだけ高い手数料を取れるか以外は全く興味がなく、「映画製作の魅力」だったり「エキゾチックな外人」というカードは全く意味がなかったのです。まあ、当然です。おそらく多くの人が、「映画製作の魅力」だったり「エキゾチックな外人」というカードを悪用したでしょうから。彼らも手数料だけでも取らないとと賢くなったのでしょう。

さて恐怖のビーチの話に戻りましょう… 千葉には、不気味に侵食された多くの遺跡と共に、まるでプロメテウスの絵の背景に出てくるようなゴツゴツした岩がありました。

0611 11 242x300 ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート1

日本のカラス本当にこんな様子で、もしチャンスがあれば人間の肉も食べるはずです!

0611 21 300x222 ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート1

プロメテウスはここにあった!

私は、海に延び出る遺跡らしきものがある平らな岩に気づきました。じっくりと見てみると、出入り口や部屋などをそのまま残した朽ちた石造りの家が見えました。石はどうやってかは分かりませんが、なんとか岩に溶接されていました。私は未だに何の為にそんな遺跡があったのか分かりません。誰がそんな海の端っこにそんなものを建てるでしょうか?私の推測では、第二次世界大戦中の海岸の防御用だったのではないでしょうか。トーチカ(特火点)とか呼ばれるものでしたっけ?

0611 3 300x224 ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート1

沿岸の遺跡 – 遠くの方も見てください。

0611 4 300x222 ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート1

意図的ではないのですが、私の靴で台無しになった壁

人工のものも天然のものも両方、第二次世界大戦の空襲の避難所として海食崖に掘ったのではという戦争遺跡理論は、多くの洞窟が存在するという事実からも優位でしょう。今では、それらのほとんどがコンクリートで固められたり、地元の漁師の倉庫として使われています。私達は、映画の主人公のサクラが、この洞窟の一つに潜伏するというアイデアを思いつきましたが、その後は代わりにより視覚的に面白いものに落ち着きました。

0611 5 300x221 ゾンビ映画ホラーファイル:フナムシの大群!パート1

海岸の洞窟

Japanese Schoolgirls Zombies Movies: